BUT,AGAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 【テレビ・ラジオ】ひるおび!(15.10.14)

<<   作成日時 : 2015/10/15 00:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

TBSテレビ「ひるおび!」にデーモン閣下が出演されました。
本日の閣下の衣装は、黒と金のマオカラーに黒炎冠。
そして今日は江藤愛アナがお休みで、宇垣美里アナが代
ちょっと枡田アナを思い出させる、かわいいアナウンサーさん♪



●ひるおび!(TBS番組公式サイト)
http://www.tbs.co.jp/hiru-obi/

「番組レポ」ではありますが、あくまでもここは私個人のブログであり、
私が番組を見ているライブ感を書き残したい為だけに書き綴っていきます。
見られない方等の為に詳細な内容を書き起こす記事ではありません。ご了承を。

司会は恵俊彰さんと宇垣アナと八代英輝さん。
水曜日のコメンテーターは、伊藤聡子さんとデーモン閣下。
放送内のコーナーで小森谷徹さんと小川知子アナと笹川友里アナ。



【オープニング・新聞読み】

恵さんと小森谷さんで新聞読みコーナー。
この時間帯から、元ラグビー日本代表の堀越正巳さんもご出演。
閣下が珍しく一番右ではない状態。
閣下の後輩?(早稲田の後輩に当たるんですかね?)
恵「なんか変な画ですねw」閣下「そう?」(そこで「そう?」と言い切るのが素敵)

●ラグビー日本代表帰国
出発時の何倍ものファンがお出迎え。監督も「日本の歴史を変えました」と挨拶。
記者会見では選手の皆さんもユーモアたっぷりの受け答え。
五郎丸選手のポーズ。物まねでも何でもいいから、
ラグビーに触れるきっかけになってほしいと。
子供のラグビースクールや学生の人気が高まっていると。
さらにリーチ首相は「英語力が勝因」主審と良好な関係を作れるのがいいのだと。
(英語番組に出演されている閣下もそこは興味顔ありのご様子)
12時台に、3選手がゲストで来られるということで、一旦ここまで。

●ドラマ「コウノドリ」あさってスタート

●元簡易郵便局長 顧客から8億9000万円を搾取
窓口で手続きを行っていたというのがなおさら悪質。
閣下「窓口で手続きしてるって、他にも職員がいるでしょ。どうしているんだろうね」
(閣下も似たような所に着目)
自宅兼郵便局という感じのところなので、こういう事が起こったんでしょうかね。
八代さんは半額しか保障されないことを注視。

●はがきの名文コンクール 願い事をはがきに
うおおお。亡くなった奥様へのお手紙、泣けてくる(涙)
あうう、他の手紙もー。なんか閣下たちもちょっとウルウルしているような。
え。き、気のせいですよ!悪魔がこんなことで感動するわけないじゃないですか!ぐはは。

ぶーっ(←泣いたら鼻水出る系)
さて。

●名店同士が「あんぱん」でコラボ
帝国ホテルの「ガルガンチュワ」で、とらやの餡を使ったアンパンが限定発売。
・・・って、これは「あんぱん」の範疇でいいのw
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/hotelshop/special/toraya_anpan2.html

ということで、早速現物入手。
・・・3つ入りで、せんろっぴゃくにぢゅうええええええええ(←壊)

閣下「これはどうしたらいいんだろう」
(いつものように聡子さんとわけわけして召し上がるのかと思いきや、
それぞれに3個セットで並べられている。なんという太っ腹)
閣下「これはしろ餡・・・」
と口に入れたのを見計らって、恵「閣下いかがですか」閣下「ほひひい(おいしい)」
(恵さん、あなたほんと根っからの芸人ですwwwwナイスタイミングw)
閣下「いへるお(イケるよ)このしろ餡のやつ、おいしい」(←途中で嚥下)
そしてきっと、残りのあんぱんはお持ち帰りになるのでしょうね♪

●東京・大手町の地下から温泉 来年五月開業へ
東京は基本的にどこ掘っても温泉が出ると言われていますが、今回はフィットネスクラブ
などに利用され、皇居ランナーなどにも利用されるかもと。
八代「間違いなく利用させていただきます」(私もライブ帰りに立ち寄りたい)
さらに来年できる旅館にもこのお湯が使われる。
恵「もう、旅館って言うだけで、響きがぜんぜん違います」となぜか萌え萌えな恵さん。
閣下「違うね。畳で。向こうにテーブルがあって」
恵「山んなかにあって」
閣下「川が流れてて」
(なんかお二方とも、そこはかとなく「エロス」な風景を想像されているとしか
受け止められないんですが、私の気のせいでしょうか。気のせいですね、ごめんなさい)



【全国ネットオープニング】

全員で一列に並んでオープニング。閣下も元気にお手振り。
そしてスタジオには日本代表の田中史朗選手、畠山健介選手、日和佐篤選手が登場。



【W杯で歴史的3章 ラグビー日本代表生出演】

恵「閣下、さっきも仰ってましたけど、思ったよりそんなに大きくないなと」
閣下「そうそう。畠山選手は大きいけど、残りの二人は・・・」
と、言いかけて「まずい!」と思われたのか、
閣下「残りなんて言っちゃ悪いけど(汗)田中選手と日和佐選手はw」(気遣いの悪魔w)

さらに、先ほどの堀越さん、スポーツ評論家の玉木正之さんもゲスト。
その大きい畠山選手でも、世界レベルで言えば小さいほう。178cm。
(確かに、もっと大きい力士とかざらにいることを思えば、特筆するほどの巨漢ではない)

畠山選手がなかなか「口が立つ」というか、話を笑いに持っていくw
堀越さんと畠山選手は先輩後輩の関係。
日和佐選手は、好物は妻の手料理♪というナイスキャラ。
田中選手は穏やかな笑顔。恵「おにぎりが似合うというかw」(うまいw)

田中選手は、帰国時の記者会見で家族への感謝の言葉。それが感動的。
閣下「そういう精神状態を持っているから、みんなここまで来れたんではないかな」
そして良い事を言おうとして一周して普通のことを言ってしまう堀越さんw

多くの人に出迎えられた空港での様子。でも畠山選手は、目標がベスト8だったので、
それが達成されていればもっと違う気分だったかも、とも。
「親戚が増える」というのはまだw

畠山選手の「ルールがわからなくてもいいので、ぜひ試合を見に来てください」
という台詞がとても感動的と玉木さん。ラグビーのルールブックを持参。分厚い。
玉木「世の中、過ごす時に法律を読まないでしょ(八代さんに)読みますよね?」
八代「ぼくは読みます(お澄ましw)読まないでどうするんだとw」
恵「八代さんもついでに『法律なんかいいんですよ知らなくても』って」
八代「あぶないあぶないw」
恵「『みんなもっと法律を愛してください』『みんな法廷に集合』」
閣下「法廷に来てくれればw」(ここまで「法廷」が笑いになるとはw)

そして「レフリングとルーリング」など判らなくてもいいから、という堀越さんに、
恵「何を言っているのか判らない」玉木「なれれば判るんですw」
閣下「ルールはルールだけど、現場でレフェリーが決めることが多いってことでしょ」
堀越「ありがとうございます」(悪魔が悪魔らしく思えない瞬間だけど判らなくていいの)

で、私は一連のW杯の流れを知らなかったのですが、1991年第二回大会で一勝しただけで、
あとはずーっと負け、かろうじて数回引き分けがあるだけで、今回行きなり3勝もしたと。
それは確かに大盛り上がりになりますわな。しかも強豪の南アフリカに。

玉木さんの「レフェリー=仲裁人」という話は興味深い。
そんなレフェリーを練習の時に呼んで経験するのも大事だったという。
(こういう話はルール以上に知らないことなので面白いですな)

南ア戦では、最後、ペナルティゴールなら同点(確率高い)トライなら5点(確率低い)
監督ですら安全策でペナルティゴールの指示。でも選手たちは全員がトライを決断。

「大人の事情」で最後のシーンは一度しか見られない、ということで、
堀越さんと恵さんで細かく解説。そしてVTRを見る。
閣下「もう一度見てみようw」(無理ですってばw)
と思っていたら、なぜかもう一回見られることにw

コーチのエディーさんはこれが最後の試合。
選手によってはいろいろあったり、実はかなりきつい言葉で指導したりとあったらしい。
もちろん、怒ったあとにフォローもあったり。

次回のワールドカップについて展望を語る各選手たち。
その中で田中選手は「まだ(今期の)ワールドカップは終わっていないので、
まだまだ盛り上げていただきたい」と、大人の発言。
恵「えらいなー。俺の中じゃ終わりましたよw日本が出ていないから」
玉木「四年後のことなんだから見ておかないと」
閣下「開催国なんだからw」





【新米シーズン到来 ブランド米「戦国時代」とは】

昨日の新聞でも話題になった青森のブランド米「青天の霹靂」
特Aという評価を得る事を目標とするブランド開発が盛ん。

ゲストは、食品問題評論家・食品表示アドバイザーの垣田達哉さん。
笹川アナ「恵さん、お米を食べる時にまず何を使いますか」
恵「え、ええっと、炊飯器・・・?」
笹川「まさに仰るとおりで、ここに炊飯器があるんですか」(目の前にあるのにw)

笹川「触ってみましょうか、早速」と触ってみると、
なんと炊飯器でブランドを炊き分ける機能つき。
閣下「買って何ヶ月もたった米だったら味も変わるでしょう。同じ米だって」
(ここまでブランドや炊飯器にこだわる人なら、買った米を何ヶ月も放置しないのでは)
(5キロ1280円の米を2ヶ月近くかけて食べきる私には縁がない話ですが 涙)
(でも私は安い米でも毎回土鍋で炊いているので、結構おいしいのよ)

特A米がない都道府県では、なかなか米産地として認知されない。
そのため、各ブランドは特A認定を目指して品種改良に励む。
「青天の霹靂」は「青(青森の)天(北の大地に広がる空)の霹靂(稲妻)」の意味。
恵「ありえないってことですよね」
閣下「ありえないってほどではないけど、物凄く驚くような出来事」
恵「だって青空に雷ないじゃん」
閣下「だからいきなり鳴るからびっくりするんじゃん」
八代「まあその辺で(汗)」
(はいはい、これどうぞhttp://kotowaza-allguide.com/se/seitennohekireki.html

ごきろ、さんぜんにひゃくよんじゅうえんですおおおおおおお(←壊)

きらら397の頃からゆめぴりかファンの八代さん、はまあいいとして、
「ささ、にしきにしきにしきにしき」と謎の発言をする恵さんは一体。
さらにササニシキにかわる「ささ結」「新之助」というブランドも。
恵「ここまでブランド米の話をしておいて、ご飯が出てこないの?」
(この番組の今までの経験則からして、出るわけがないなと思う私 汗)


お天気。東京スカイツリーからの映像。綺麗な秋の日本晴れ。
恵「ほんとに今週はお天気が安定しておりますよ。雲ひとつないという感じがします」
閣下「青天だ」(雷はなりそうもないですね)



【エンディング】

新潟の新しいブランド米の新之助の話題。新潟といえば聡子さん。熱く語るw
伊藤「コシヒカリと新之助の二台巨頭ですよ!」(今年一番の力説ではw)
閣下「新之助の次は海老蔵とかってあるの?w」とさりげなくボケつつ終了。



実はまったくラグビーの話題にはついていっていなかった私。
気がついたら終わってました。まあ、ミサとかいろいろあったからね。
屈強な男たちのイメージのラグビー、これからの日本で流行ることで、
いわゆるこういう「汗臭い男くささ」「犠牲の精神」に代表されるような、
男らしい男という価値観が見直されるといいですね。
いやさ、いまどきは「草食系」とか「優しさ」ばかりもてはやされる時代だからね。

閣下は、仙台と名古屋の飛び石連荘のステージをこなされたとは思えないほど、
結構お元気なご様子。それでも少し声は枯れ気味だったような。
先般のステージで、ちょっと閣下の髪の色が変わったかなと思っていたんですが、
今日の放送で、やっぱりちょっと赤みの強い茶色にされたんだなと確認。
まっきんきんより、これくらいの色のほうがお似合いな気がするのですが。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

【テレビ・ラジオ】ひるおび!(15.10.14) BUT,AGAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる