【閣下・その他】SEARCH FOR LIGHT/GRAND ILLUSION

デーモン閣下がGRAND ILLUSIONの新譜「BRAND NEW WORLD」の中の
「SEARCH FOR LIGHT」という曲で参加されました。



ブランド・ニュー・ワールド
マーキー・インコーポレイティド
2010-05-19
グランド・イリュージョン


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

閣下がこの作品に参加された経緯については、
別サイトの方で紹介しておりますのでそちらを参照。
●【2010年5月19日BRAND NEW WORLD発売/Grand Illusion】 G-Illusion/ウェブリブログ
http://g-illusion-jp.at.webry.info/201005/article_1.html

ざくっっと言うと、閣下のGIRLS'ROCKシリーズの音楽を担当されたのが、
GRAND ILLUSIONのアンダースさん。

で、当時解散状態だったGRAND ILLUSIONのヴォーカリストのピーターさんを、
ご自分の作品にも参加してもらってはと提言された閣下。
アンダースさんとピーターさんがまた交流するようになり、
とうとうGRAND ILLUSIONの再結成にまでいたったという。

・・・閣下ってば、なんでも再結成させる悪魔だこと(笑)

今回GRAND ILLUSIONが新譜を出すにあたり、閣下にも参加してもらおう、
ということになったんだそうです・・・ええ話やー。

(ざくっっと書くつもりがバッチリ書いちゃった)



閣下ファンにとってはアンダースさんはともかく、
このもう一人のヴォーカルPeter Sundellさんは、
あまり馴染みが無いかもしれず。

ピーターさんが歌っている姿とかは、
GRAND ILLUSION公式サイト内の動画コンテンツを参照。
http://www.grand-illusion.se/media.html

GRAND ILLUSIONのハイトーンヴォーカル。突き抜ける高音が魅力的。
上記の動画でも仰ってますが、
JOURNEYのスティーヴ・ペリーの影響を受けているようで。
私はよくGRAND ILLUSIONを「北欧のJOURNEY」と形容するのですが、
その印象はこのピーターさんのヴォーカルは大きく。

個人的には2ndアルバムの「I REFUSE」の歌声が大好き。
GRAND ILLUSION公式サイト内でも試聴できますのでよかったら聴き比べを。
http://www.grand-illusion.se/media/albums/view.html

(とか書いていて、自分がじっくり聴いちゃいました 汗)



「BRAND NEW WORLD」は全体的に透明感のある、
北欧系のダイナミックで叙情的なハードロックの曲調が多く。

そんな中で、この曲だけはいい意味でドロドロしてとってもヘヴィ。
閣下にぴったりな楽曲と言えると思います。

そこに高音響きわたる閣下とピーターさんのツインヴォーカル、
さらにペアさんの高音コーラスが絡み合い、
「これ全部男性です」「ええっ」
ってなくらいの仕上がりに。
はい、男性ハイトーンヴォーカル好きの私にはたまりません。

それでいて曲中に「悪魔の囁き」が、
ヘヴィなサウンドの中でじんわりと滑り込む。

シアトリカル、と表現するに相応しいドラマティックな展開。
歌詞の印象もあるのでしょうが、
まるで暗闇の中で二本のサーチライトが絡みあうような、
荘厳さが漂う、美しさがあるのです。

しかし、ピーターさんの歌声は今までも聴いてきましたが。
閣下とデュエットしたら合うだろうなーと思っていたのですが。
こういう形で夢がかなうとは思っていませんでした。

生で聴きたいな・・・無理かなぁ。
GRAND ILLUSION自体がライブをやりまくるバンド形態じゃないですからね。
来日も難しいでしょうし。
でも。機会があればぜひ。ってか、日本でもっと人気が出て欲しい。
極上の北欧メロディアスロックと悪魔の融合。



閣下ファンとしては
「興味はあるけど閣下の歌われているのが1曲だけか・・・」
という気分でこのアルバムを入手するのを躊躇されるかもしれませんが。

この数年、閣下とアンダースさんとその仲間たちが作ってきた音楽。
その「記念碑」的な意味で、今回アンダースさんは閣下に、
アルバム参加をお願いしたのだと思うのです。
この曲には、彼らのいろんな思いが込められていると感じられるのです。

サウンドの中に、CDのブックレットの中に、
GRAND ILLUSIONの公式サイトの中に。
彼らの「絆」を感じられるのです。

聖飢魔IIともGIRLS'ROCKとも違う世界観。
ぜひ。御一聴を。



ただ。惜しむらくは。

まああまり声高に言うのもアレなんですけどね。
・・・なんか、この訳詞が納得いかなくてですね。

いや、私も英語はそれほどできないけど。
そんな私でも「?」となる部分が何ヶ所もあって。

で、先日から自力で訳してみてはいるんだけど、
ネット上で公開するほどの自信もなくて(汗)
まあ、このあとチマチマと訳してみます。
忘れた頃にこそっとこのブログで公開するかも。でもしないかも。

この記事へのトラックバック