【ライブレポ】ドラミング・ハイ!2011(11.07.22)

クラブチッタ川崎で行われたDrumming highに、参加してきました。
今回はデーモン閣下もゲスト出演!とても楽しいイベントになりました。
・・・有体に書きますと、今、体中バキバキです(汗)
それくらい、普段使っていない部分を動かして楽しんだという事なのでしょう。



【ドラミングハイとは】

●リズミックミステリーツアー ドラミングハイ!2011へようこそ!
http://www.drumminghigh.com/
ステージと観客が一体となって楽しむ「観客体験型 打楽器アトラクションイベント」
客席にはドラム等の他、ジェンベや段ボールドラム、マラカスなど、
打楽器初心者でも楽しめる楽器が用意され、ステージと一緒に盛り上がります。
2009年から始まったこのイベント、今回で5回目となります。

●第1回のときの五十嵐さんと酒井さんのインタビュー記事(DRUMMER JAPAN)
http://www.drummerjapan.com/modules/pickup/index.php?content_id=24
このイベントの趣旨などが書かれています。

ちなみに私は去年の春、第3回に参加しました。
●【ライブレポ】Drumming High Vol.3@渋谷womb(10.03.13)
http://but-again.at.webry.info/201003/article_8.html



【会場・出演者】

●LA CITTADELLA CLUB CITTA’(クラブチッタ川崎)http://clubcitta.co.jp/


<Drumming High! Facilitators>

●公式サイトより http://www.drumminghigh.com/member.html

●五十嵐公太(ドラマー、元JUDI AND MARY)
http://www.kohtaigarashi.com/ (公式サイト)
http://ameblo.jp/kohtaigarashi/ (公式ブログ)

●酒井麿(ドラマー・パーカッショニスト、カリスマファシリテーター)
http://www.sakaimaro.com/ (公式サイト)
http://ameblo.jp/jinkorin/ (公式ブログ)

●オカピ(スティールパン奏者)
http://panpopparadise.com/ (Pan Pop Paradise公式サイト)
http://ameblo.jp/okapi-happy-heart/ (公式ブログ)
今回から正式にこのイベントのファシリエーターに。可愛い女性♪


<Guest Musicians>

●公式サイトよりhttp://www.drumminghigh.com/guest.html

●デーモン閣下(悪魔、アーティスト)
http://www.demon-kogure.jp/ (公式サイト)
http://demon-kakka.laff.jp/ (公式ブログ)
●スティーブ・エトウ(パーカッショニスト、重金属打楽器奏者)http://www.steve.vc/ 
●菊地“ANNIE”英二(ドラマー、元THE YELLOW MONKEY)http://www.eiji-kikuchi.com/
●鼓和(パーカッションパフォーマンスグループ)http://core-percussion.com/
●YUKI☆MC 仁井山 (ナレーションで出演)
●パンポップミニーズ (オカピさんのブログ記事より)
http://ameblo.jp/okapi-happy-heart/entry-10959338452.html

<Guest Dancers>
小幸(Tickle Sista,Tokyo Waacking Sensation)
yusuke(DOWNTOWNBOUNCE,Lockin'et)

<Opening Guest>
ヴェートーベン(お笑いコンビ)

<DRH Crew>
白石元久(マニュピレーター)
鹿間朋之(ベーシスト)
稲葉雅己(VJアーティスト)

萩原"Kenny"憲一
江守藹(スーパーバイザー)
小松壮一郎(構成・演出)



以下のレポ記事は、メモとか取っていない上に、叩きまくってノリまくって、
アタマすっからかんで楽しんできた上で、脳みその片隅に残っていた記憶を頼りに、
書き上げたものですので、大いに記憶違い・間違いがあると思います。
あくまでも「雰囲気レポ」ということでご了承を。

【開演まで】

会場に入ってびっくり。楽器の数が第3回よりかなり増えています!
客席が上手(電子ドラム系)・中央(ジャンベ系)・下手(生ドラム)と、
3ブロックになっていて、私は電子ドラムにありつけました。

初めてまともに叩くドラム!良くわかんないまま、
叩いているうちに楽しくなってきて、気がつくと開演時間に。
・・・え。今日は開場17:30 開演19:00のはず。
1時間半叩きまくっていたのか、私(汗)
そう、これがドラムの恐ろしい所。それが魅力なのでしょう。

まずベートーベンさんが登場し、最前列の客をいじりながらw趣旨説明。
遠慮せずに楽しみましょう、気分が悪くなったら言ってください、
二部構成なのでみなさん前後半で楽器を譲り合って下さい、などなど。

確かに私が前回参加した第3回の時も人が多かったけど、今回は特に多いみたい。
というか、明らかに楽器が足りていないし、
あとから聞いたら、前半は会場に入れなかった、という人もいたとか。
とりあえず前半座って楽器にありつけた人は、
後半は立見している人に譲りましょう的な雰囲気に。

ちなみに立見になっている人には、手作りマラカスや段ボールドラム
(麿さん開発の、六角形の薄い箱状態の簡易ドラム)など、
その場でも楽しめる楽器が用意されていました。



【前半】

「リズミック・ミステリーツアー」ということだったんですが、
たいこたたきすぎて、きおくがはらほろひれはれ
ボンゾ博士(閣下)が幻のリズムを探しに宇宙に行って、
時空の間か何かにはまってどっかいっちゃったのを、
トウインなんちゃら学校の教授のイガラシ教授(五十嵐さん)たちが、
いろんな惑星を巡りながら探すのだけど、いろんな人との出会いがあって・・・

まあストーリーは大体でいいとおもうんですよ(汗)
そもそもボンゾだのトウインだのという段階でああた。

まずは練習というか、麿さんの指揮に合わせてリズムを取る。
ドラム初心者の私ですが、勝手にどんどん叩いてみる。
楽しい!!
たぶんドラマーがみたらアホみたいな叩き方をしているんだろうけどwww

会場の雰囲気も暖まってきた所で、とある惑星でスティーヴ・エトウさんが、
「カトチャン・ペ!」な魔法(?)をかけつつ、電子パーカッションを4台使って、
麿さん、オカピさん、五十嵐さんとリズムを刻んでいく。

次の惑星では、小幸さんとyusukeさんのセクシーなダンス!
そしてANNIEさんが登場!2月のCANTAとBIG BITESの対バンで、
間近でANNIEさんのプレイを見ましたが、今回も迫力満点。
そしてダンサー二人んお熱いキスシーンを引き裂き、
ああ、女性を奪っていくのね・・・と思っていたら男の方かいっ!

ドラムを叩きながら、ステージと一体化。遠慮なく叩けるのが気持ち良い。
それでいて楽しいステージング。周りの客とも笑いあいながら楽しんでいて。
おおお!閣下の声が!!ステージ上のモニターに閣下が映る!
いよいよボンゾ博士を救いに行くのね!・・・という所で、第一部終了。



【休憩】

ベートーベンさんたちが出てきて、休憩のお知らせ。
会場は本当に人がいっぱいで、中に入れずロビーで待機する人がいるほどだったとか。
なので、急遽座席を増設する事になり、会場は少々落ち着かない雰囲気に。
確かに、振り向くと物凄い数の人が立って見ていました。

私はこの時点で、そばで立見をしていた方に電子ドラムを譲りました。
ええ、もちろん「大勢の人が楽器に触れられるように」という配慮もありますが、
なによりも本当のところは既に体力の限界www
いや、体力的にはまだまだ大丈夫だったんだけど、
普段使わない筋肉を使って叩きまくっていたので、もう腕に力が出ない。

立見するつもりだったんだけど、増設されたイスに座った人の邪魔になるので、
結局少し位置をずらした所で、私も増設イスに座って段ボールドラムを叩く事にしました。



【第二部】

休憩により少し落ち着いた会場を再び盛り上げるべく、鼓和の演奏。
再びリズムを合わせて段ボールドラムを叩いて、一緒に盛り上がる。

と、いよいよボンゾ博士(閣下)を救出!
閣下の声が会場に響き渡る(が、叩きまくっていたのであんまり覚えてないw)
「ここから出るにはもっと大きなリズムをー!」
という様な事を影マイクで叫ぶ閣下。
思い切りそれぞれの楽器を鳴らして!叩いて叩いて叩きまくって!!

やったぁ!閣下脱出成功!!
お衣装は白地に「?」マークがいっぱい付いた物と、毛皮の帽子。
なぜこの衣装を選ばれたのかと、今なら思うのですが、
その時は叩くのに夢中で、違和感を全く感じませんでしたw

ここで閣下から、入場時に配られたお面を付ける指示。
(この「お面装着演奏」はドラミングハイ恒例)
そして閣下の歌。「歌われるんだ!ラッキー」と思った私w
というのも、このドラミングハイ、
進行のMC意外は基本的に言葉や歌は使わないのです。
今回閣下のご出演と知っても、歌われるかどうか確信がなかったので。

まずは「ど、ど、どらむのどー♪」と「ゲゲゲの鬼太郎」の替え歌。
(「カヴァー」とか「オマージュ」とか書けよ私)
これが、麿さんの指揮に合わせて楽器を鳴らすのと同様、
閣下の歌声に合わせて掛け合いで楽器を鳴らす。
「どどどどどどどど、ど!」(××××××××、×!)
「んど、んど、んどど!」(ん×、ん×、ん××!)
という感じで、普段のライブなら声でやる掛け合いを、今回は楽器で!
これは私でもやりやすかったです。というかライブで慣れているし、
閣下もやりやすかったのではないでしょうか。

「お前ら、いつまでお面をつけているんだ!」
と客席にいぢわる突っ込みをしようとしたら、
ステージ上のオカピさんたち自身も外す段取りを忘れていた、
という大ボケをするーしつつw

そして「ドラミングハイのオリジナル曲」(曲名知らない)
もちろん初めて聴く曲でしたが、楽しい曲で、閣下もノリノリ・・・
ん?・・・
まあ足元のカンペをご覧になっているのはいつもの事。
そのお手に持った段ボールドラムをなぜチラチラご覧にな(以下自粛)
と、ともかく(汗)閣下を無事救出。

最後はかわいいパンポップミニーズのお嬢さん方のスティールパン演奏で大団円でしたー!
ということでそのままアンコールへ。

五十嵐さん、麿さん、オカピさんでドラムを叩きながら、
石原裕次郎さんの映画「嵐を呼ぶ男」のパロディで、
「オイラはドラマー♪」「オイラもドラマー♪」「私はドラマーじゃないけどドラマー♪」
と歌いながらドラムを叩き。「みんな(客)もドラマー♪」
ANNIEさんも登場し麿さんと「ドラムバトル」のシーンを再現♪
・・・このシーンを判る人が何割いたんだろう(汗)

全員登場。そして閣下もお色直しで、赤鎧、蝙蝠マント、金色赤羽冠。
おもむろに上手のドラムを叩く!叩きながら叫ぶ!
うおお。CRJなどで何度かドラムを叩く閣下を見て来ましたが、
ここまでバッチリ見られたのは初めて!
大いに盛り上がりながらのアンコールとなりました。
この時点で既に22:00。うわ。3時間越えしちゃったよ。



【サイン会】

物販を購入すると、五十嵐さん、麿さん、オカピさんのサインが貰えるとのことで、
私は段ボールドラムを購入。出口の近くでお三人がいらっしゃいます。
私の順になり、オカピさんにドラムを渡すと、グリッと方向転換され。
上下間違えて渡してしまった私(汗)
でも明るくケラケラ笑いながらサイン、握手をしてくださいました。
そして五十嵐さん。「今日で二回目なんです、楽しかったです」と言ったら、
「そうなんだ、ありがとう」と握手をガッチリしながら答えてくださいました。
・・・えーっと。実は町田のドラムクリニックでもお会いしましたが、
まあそんな事を言っても忘れられているでしょうしね(汗)
http://but-again.at.webry.info/200812/article_1.html
麿さんにも「楽しかったです」とお伝えし、握手・・・
と思ったら、サインのペンのインクが薄かった部分を気にされて、
二度書きされる麿さん。うう。そんな優しいお気遣いを。

ということで頂いたサイン入り段ボールドラムがこれ。
これをラップの芯のような棒で叩きました。
サインは上が麿さん、左が五十嵐さん、右がオカピさん。
画像

横から見るとこんな感じ
画像

そして上演中使ったお面。
画像


ドラムを入れる袋もなく、手に持ったまま帰りました。
帰りの川崎駅では、お面を付けた子供を何人か見かけ、
手を振ったりしながら、みんな楽しかった余韻に包まれていました。



今回も思いっきり「デトックス」出来て楽しかったです。汗だくになりました。
と同時に、震災とかいろいろ心にたまっていたものもすっきり。
ぜひまた次回、ゲストの有無に関わらず参加したいと思っています。

ただ、私は運よく前半後半とも座って楽器を持てましたが、
お客が思いのほか多かったので、一度も席につけなかった方、
楽器に触れなかった方もいらしたのではないでしょうか。
それは準備した席数の読みが甘い、というのもあるでしょうし、
「席替え」が積極的でなかった客も少なからずいた、というのもあるでしょう。

徐々に規模が大きくなってきたドラミングハイ。
とても良い企画・内容だと思うからこそ、多くの人がその楽しみを享受できるよう、
長く続くイベントになるよう、関係者各位にはご尽力いただければと思っています。

私も次回はジャンベでも買って持っていこうかな。だったら立ってても参加できるし。
民族雑貨屋さんとかで安価なのを売っているの、見かけますもんね。

んあーーー。
ドリンクチケット交換してくるの忘れたああああ。と思いつつ、終了。



なお、今回のライブはテレビ朝日「ストリートファイターズ」で紹介される模様。
http://www.street-f.net/index.html
たぶん全編ではなく「こんなイベントがありました」的な内容ではないかと。
放送日時などは不明ですが、たまたま私の側にいた人がインタビューを受けていて、
その時スタッフさんが「8月下旬の予定」と言っていました。でもどうなるかわかんないしねw