BUT,AGAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 【MYTHOLOGY】SOLA

<<   作成日時 : 2012/05/28 22:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ずいぶん前に同じことを書いたかも知れませhんが。
実は私、閣下や聖飢魔IIの楽曲を歌いたいと思った事がないんです。

えーっと。歌を歌う事そのものは大好きです。
子供の頃から歌をずっと口ずさんでいたような子で、
中学の時にゴダイゴに夢中になったときは、
自分で無理やり英語を訳して覚えて歌って。

高校に入るとフォークソングをやり始めて、、
放課後に教室で歌いまくっていた青春。
社会人になってもよくカラオケに行きました。
工藤静香さんとか松田聖子さんとか、
中島みゆきさんとかがレパートリー。

そんな私でも聖飢魔IIを弾き語りしようとか、
カラオケでカッコよく歌おうとかバンド作ってコピーしようとかなんて、
したことない、どころか、したいと思った事もない。
それは別に変な意味ではなく。
私にとってハードロックやヘヴィーメタルというのは、
「歌う」「演奏する」音楽ではなく「聴く」音楽だからなのです。

逆に言えば、フォークなんて殆ど「聴いたことない」です(汗)
ちょっと聞いた事のある曲をコピーしようとコードを拾って、
あとは歌詞カードを見ながら、
「こんな感じでしょー」とジャカジャカ弾きまくる。
高校の時はチャゲ&飛鳥をよく演奏していたけど、
最近改めて当時のアルバム聞いて「え。こんな歌メロだったの?」と、
改めて知る真実(そんな大仰なw)な曲が何曲も発覚(汗)

だから閣下の作品で「歌いたい」と思った曲って、
実は今まで一曲もなかったんです。
もちろん、音楽的には大好きですよw
ただ私の歌唱的な問題もあって。
閣下の歌う曲って、ハイトーンの長く伸びる音の多い曲。
でも私はフォークやブルース系の歌い方になるのと、
私の地声が低いこともあって、そもそも「歌えない」のです。

でも。
この曲は、気がついたら口ずさんでいました。
手元にギターがあったので、コードも拾ってみました。
まだサビだけですけどね。とっても気持ちよく歌えました。
目の前に広がる、5月の青いソラを眺めながら。



閣下の今までの作風と、なんだかちょっと違う感じ。
よく言われる形容だけど
「誰が歌っているか知らずに聴いたら絶対デーモン閣下とは思わない」
というイメージ。

それが今まではカヴァー曲だったり(例:GIRLS'ROCK)
他人が作った曲だったり(例:toitoitoi!)
まあそりゃ閣下自作自演の曲でないならそう思っても当たり前。

でもこの「SOLA」は、とっても閣下らしいんだけど閣下らしくない。

・・・何を書きたいのか自分でも判らなくなってきましたがw
閣下の新しい世界観がこの曲から広がるような気がしているんですね。
閣下の「新しい引き出し」を開いた感覚。
「え。まだこんな引き出しがあるんですか」という新鮮な衝撃。

実際、歌ってみるとすごく歌いやすい。
もちろん「私にとって」なんですけどねw。
でもそんなに複雑なメロディーでもないし、
コード進行も私が拾えるくらいだし。

そもそもメジャーコード進行の閣下の曲、という事自体が。



先日の金環日食。

多くの人が絶望的な厚い雲の切れ間から、金色の環を見て感動したと。
でも私の住んでいる神奈川の多くの地域では小雨が降って見られず。
(「環」以外の途中経過はちょいちょい見られましたけどね)
また今回は部分日食のみ、という地域も多かったでしょう。

同じ空を見ていても、その見える景色は違っている。
それが悲しかったり切なかったりもする。
相手が見ている景色を想像できずに、
ついはしゃぎすぎてしまったり、気づかぬうちに傷つけてしまったり。

でも自分のいる位置、自分の生きる時の中で、
自分にしか見られない空があって、それこそが自分のソラであって。

大事なのは目に見えるソラの景色が同じかどうかではなく。
同じ時に同じ場所で同じ模様の空を見上げる事が大事なのではなく。

どこにいてもソラを見上げるときに思いを馳せて、
相手がどんなソラを見ているか想像する事なのかもしれない。
思いを馳せる事こそが本当の「同じ空を見てる」事になるのではないかと。

小雨の振る金環日食を見ながら、この曲を聞いて、
つらつらとこんな事を思っていました。



いつか、ギターで弾き語りを出来たらいいなと思っています。
もともと私も「出がフォーク」なんでねw
まあギターは練習でなんとかなると思うんですが。
閣下、あらためて思う。声が高い(汗)

でも私が初めて「歌いたい」と思って、実際歌おうとしている。
何気に私にとって革新的な転機になる予感の曲なのです。

●デーモン閣下公式サイト http://www.demon-kogure.jp/


MYTHOLOGY(DVD付)
avex trax
2012-05-16
デーモン閣下


Amazonアソシエイト by MYTHOLOGY(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

【MYTHOLOGY】SOLA BUT,AGAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる