【FOREST OF ROCKS】FOREST OF ROCKS

デーモン閣下のシングルであり、映画「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ
MOVIE大戦アルティメイタム」の主題歌である「FOREST OF ROCKS」
今回は無事「フライングゲット」(英語ではありません)できました。
まだ正式な発売日前ですが、CD、DVDとも、細かく感想を書きます。
「入手するまでなにも知りたくない」という方は、以下の文章にご注意ください。



【とりあえず紹介】

とりあえず今日「フライングゲット」出来たのはこの3枚。
今日発売のものがあと2つあるのですが、入荷が遅れているとのことで、
木曜以降入荷ということです。まあ新曲を聴くのに夢中なんで、
少々時間差があるくらいでちょうどいいリリースラッシュですw
画像

「FOREST OF ROCKS」は「CD+DVD」と「CD」のみの二種類あります。
ファンならば両方集めたい所です。閣下のジャケットがカッコいい!!
もしどうしても一枚、というならやはりDVD付きをオススメします。
MVでは仮面ライダーフォーゼと仮面ライダーウィザードも出演!!
暮れなず某所の夜景のなかで、三名の男たちの出会いが・・・。
仮面ライダーファンにも、ぜひ買っていただきたいです。

FOREST OF ROCKS
エイベックス・マーケティング
2012-12-12
デーモン閣下


Amazonアソシエイト by FOREST OF ROCKS の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


FOREST OF ROCKS
エイベックス・マーケティング
2012-12-12
デーモン閣下


Amazonアソシエイト by FOREST OF ROCKS の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


そもそもなぜデーモン閣下がこの曲を作り歌うことになったかというと、
映画「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」の
悪役「アクマイザー」のリーダー「ザタン」の声の吹き替えをすることになった閣下。
公式サイト http://www.movie-taisen.com/

でもなぜかいつの間にかw「主題歌も歌っていただけませんか?」ということで、
締め切りまで19日しかないという超特急で仕上げられたのです。
おそらく仕上がったのがこの日の記事の事ではないかと。
●デーモン閣下の地獄のWEB ROCK: Nov.06.D.C.14:ヒョッヒョ~ウゥ!
http://demon-kakka.laff.jp/blog/2012/11/nov06dc14-4336.html
いやー。間に合ってよかったですね。



【楽曲「FOREST OF ROCKS」について】

そんな超特急で作った曲なんて・・・と油断したらとんでもない!
曲の冒頭から、アレンジを担当された石垣愛さんの激しいギターの音。
基本、演奏は打ち込みなのですがギターの音が激しいので違和感はゼロ。

曲の前半は重々しい曲調ですが、
サビに入ってスパーンと暗闇が晴れて行くような明るい曲調と、
弾ける様な閣下の歌声がとても爽やか。

超特急で作った、思いがけずめぐり合ったお仕事のだと思うのですが。
これは閣下を代表する一曲になるような気がするんですよ。
閣下の声の艶や甘さもありつつ、激しさや力強さもあって、
ROCK好きはもちろん、一般の方でも聴いていただきやすい、
爽快なハードポップに仕上がっていて、かなり上質。

とにかくすっごく「らしい」曲で、嬉しく思っているのです。
私は、無意識の中で閣下に対してこういう曲を期待していたのかもしれません。
私にとって、閣下はヘヴィメタルヴォーカリストじゃないんですね。
いろんな音楽を歌いこなす「マルチヴォーカリスト」と昔から認識していて、
ヘヴィメタルはその中の一部に過ぎない、と。
「MYTHOLOGY」で「らしい」作品を1年がかりで作ってこられて、
今回こういう形で短期間で作ることで、かえって「らしさ」が凝縮された、
素晴らしい曲が出来上がったのではないかと勝手に推察しています。

東京の集ひで2回(御魔の手直触の儀のBGMで流れたのが昼と夜で2回)、
大阪の集ひで2回(正式に1回流れ、御魔の手直触の儀のBGMで1回)
K-ROCKバトルで生演奏を1回、合計これまでに5回この曲を聞いてきて、
でもこの曲の感想を詳しく書かなかったのは、歌詞を確かめたかったからです。

「ほしはたびをつづけてる」
この歌詞を聴いた時、ただの「星」じゃないだろうし。
「流星」と書いて「ほし」なのかなとか思って。
でもそれでもなんだかしっくり来ないと思っていたんです。
今回歌詞を見て「星光」だとわかって、やっとしっくり来ましたw
昔に放った光が「今」、「億万の夜を越え」て「オマエの眼を輝かせた」んですね。
それは「思いがけない」事であり「偶然かもしれない」し「魔法かもしれない」と。

今回の映画をご覧になった方なら「なるほど」と思える歌詞でしょう。
(ネタバレになるので、詳しく知りたい方は映画をご覧下さい)
更に言えば、昔の仮面ライダーを知らない子供たちが、
今回の映画の中で時を越えて集結しているのを見て目を輝かせる、
という解釈もできるでしょう。

私の勝手な個人的観点で書き垂れるなら、
この曲を閣下が作られていたのは10月ごろでしょう。
MVを撮影されたのは11月7日(NHKニュースのコメント撮りもされた日)
それを12月11日に私が見て聴いて、
テレビの画面から閣下が「お前の目を輝かせた今」と歌われる事自体も、
同じような解釈が出来るわけです。
閣下や聖飢魔IIの昔発表された曲を今出戻ってきて聴いて目を輝かせている、
という解釈も私にはできるんです。

時を越えて、いろんな思いや伝えたい事が誰かに届く。
その素晴らしさや不思議さ。
それは偶然かもしれないし、魔法かもしれない。

自分が放った光が億万の夜を越え旅を続け、
思いがけない時に思いがけない人の心を照らす。
月の満ち欠けは心や行動の影を映す鏡。
未来が過去を愛して、自分自身と対峙できる時、本当に強くなれる。

閣下らしい正義や悪という枠を超えた、強さと明るさに満ちた壮大な歌詞。
今回の映画だけでなく、今後イベントなどに出られるときでも、
その場の雰囲気や趣旨にとらわれず堂々と「閣下の代表曲」として歌える、
素晴らしい作品だと思っています。



【MVについて】

まず、最初に書いておきましょう。
仮面ライダーファンにもオススメです!!
詳しくは書きませんが、フォーゼもウィザードも出てきます。
映画の一部の借用ではありません。このMVオリジナルです。
もし「記念に一枚CDを買うかなー」と思ってくださるなら、
DVD付きをオススメします(もちろんCD盤もあわせて買ってくださるともっと嬉しい)

場所は・・・おそらく、この番組の収録地の近くではw
印を付けたところより、もう少し埠頭寄りのほうでしょうね。
http://but-again.at.webry.info/201211/article_8.html

夕闇迫る人影のない街で繰り広げられる、
正義とも悪ともつかない男たちが交錯する・・・
閣下の今までのMVとは、また違った作風です。
それでいて、閣下の魅力的な仕草や表情がたっぷりで、
仮面ライダーたちの動きがカッコいい。

特に歌詞を意識した映像になっているわけではないのですが、
(流星が流れるとか月が満ちかけるというような描写はないし)
メロディの激しさと映像のテンポの良さがマッチしていて、
ずんずんとMVの世界観の中にのまれていくようです。

いやー。久し振りに回し蹴りが入りましたねw

特殊効果やCD満載で作られたのではなく、
閣下、フォーゼ、ウィザード、それぞれの生身の動きの魅力を引き出し、
映画とは別の「アナザーストーリー」を見ている感覚。

そして、最後のシーンがかっこいいですねー。
っていうか、閣下がとっても嬉しそうにも見えるんですけどねw
まあ、気のせいということで(殴)
とにかく、閣下ファンだけでなく、仮面ライダーファンにもオススメです。
いやー。これ、もっとテレビでバンバン流れないかな。



というわけで、一応「FOREST OF ROCK」の感想でした。
ぜひ、売れてほしい。沢山の人に聴いてもらいたいです。

試聴、という意味でこちらをどうぞ。
デーモン閣下とKABA.ちゃんの夢のコラボレーション☆
http://www.movie-taisen.com/index.html?news15&device_mode=pc