【閣下・その他 CANTA】なめこのうた(地獄のなめこのうた)

今年最後のリリース関連ということで、12月18日発売のアルバム
「なめこのCD2 V.A.」を「フライングゲット」してきましした。
いやこれは、予想以上に良かったですよ!



【お断り】
当方、デーモン閣下とCANTAのファンです。
今回この「なめこのCD2 V.A.」は閣下やCANTA目当てで購入しました。
この記事も、デーモン閣下歌唱・CANTA演奏の
「なめこのうた(地獄のなめこのうた)」の感想記事になります。
他アーティストの作品についての記述はしておりません。ご了承願います。

んふんふんふんふ んふんふんふんふ。



画像


なめこのCD 2 (初回限定盤)
んふんふレコード
2013-12-18
Various Artists


Amazonアソシエイト by なめこのCD 2 (初回限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



●「なめこのうた」んふんふレコード オフィシャルサイト
http://nnfnnf-records.com/

実は、結構前から上記サイトで試聴はできたんです。
http://nnfnnf-records.com/disco/
でもまあ、できれば発売日までは聴かないでおこうと、
今日まで聴かずに過ごしました。
正解でしたね。いきなり聴いてインパクト満点だったしw

今回私が買えたのは「初回特典盤」だったようで、
クリスマス特典CDと、かわいいハンカチが付いてきました。
画像


で、実はこの「なめこ」なんですが。
未だに私、これが何なのか良くわかっていませんwww
なんか、モバイルで遊ぶゲームというのはかろうじて知っていますが、
なにして遊ぶのか、どんなゲームなのかさっぱりです。
調べればいいんだろうけど、別に調べなくてもいいかとw

そんなのんびりしたおばはんが、
デーモン閣下の歌声と、LUKE篁・雷電湯澤・MASAKIのバンドCANTAのサウンド目当てで、
CDをフライングゲットして聴いた感想です。
あんまりたいしたことは書いていないので、まあさらっと読み流してほしいなと。
【デーモン閣下】http://demon-kakka.jp/
【CANTA】http://www.canta.jp



今回「デーモン閣下とCANTAの競演」ということで、
聖飢魔II的な音は一切期待していなかったのです。
それより、今の閣下の歌声と、いまのCANTAのサウンドの融合で、
どういうものが生まれるのかなと、そっちに期待していたのです。

いやー。うれしい。歌は「なめこ」なんだがwww
歌詞を一切無視して(なめこ好きの方はごめん)
外国語で閣下が歌っていると脳内変換して聴いていますw

閣下の艶のある透き通った歌声と、
CANTAのメジャーコード進行に良くある「きらきら」したきらめくサウンドが、
非常に華やかな世界観を作り上げていて、重厚であるのに重苦しくなく、
上品で激しくて美しいメロディアスハードロックに仕上がっていてとても素敵。

え。褒めすぎ?(汗)
でも私自身がこういう煌びやかなメロディアスハードは大好物なので、
こういう化学反応が起こって、今年最後の音源として嬉しい気分なのです。

まあ、曲の冒頭とか、いろんなコーラスとか、面白い部分も多くw

大げさといわれるかもしれないけど。
こういういろんなアーティストが集まって作られるアルバムなので、
いろんなアーティストのファンや関係者も聴く事になるのでしょう。
そういう人たちに、
「デーモンの歌、すげえ」「演奏がハードでかっこいい」「CANTAっていうの?」
と、認識されていくといいなと、素直に思うのです。

少なくとも「なめこ」だからって、一切手を抜いていませんよ、この音は。
閣下の歌声はもちろんだし、LUKEさんの「弾き倒しギター」といい、
雷電さんの怒涛のドラミングははんぱないし、
MASAKIさんのベースも唸りまくっているし。
かわいい元歌を、ただのヘヴィなサウンドにするだけなら他のバンドでもできる。
でもヘヴィでありながら、煌びやかで華やかでかっこよくて面白い。
やっぱりデーモン閣下とCANTAだからこその音だと感じるのです。

今後も、機会があれば一緒にやらないかな。

別に変な意味じゃなくて。バンド組めとかじゃなくて。
サウンド的にすごく面白いと思うんですよ。CANTA演奏で閣下が歌うというのは。
実際こういう化学変化を起こしているんだし。
コンピレーションアルバムとかに参加する時には「閣下CANTA」でっていう感じで。
CANTAファン目線で考えても、これだけ弾き倒しのギターを聴けるのは、
こういう機会だからこそって感じますし。

ともかく、今回がなんらかの「きっかけ」になって、
今後も何か面白い事に繋がっていくといいなって、ぼんやり思っています。
いやほんと、いいサウンドに仕上がっていますよ、これ。
「なめこ」と思ってなめてかかると痛い目にあうぞっと。


・・・しかし「まさる」という名前の人がうらやましい。
閣下に絶叫されて音源にもなるとはw


あと、閣下の事だからどこかで「な」を「お」にして歌っていやしないかと
期待・・・いや、心配をしていたんですが、杞憂に終わりましたな。残念(←おいw)