テーマ:my profile

【今週のロイミ・番外編】I believe that the best is yet to come

このしばらく、このブログの更新が滞り気味でした。 正直に書くと、もうやめようかと思いつめる所まで行ってました。 今は浮上してきましたが、それくらい追い込まれていました。 それについてただ書き垂れただけです。 いつも書いている通り、このブログはファンサイトでも何でもなく、 私の個人ブログですので、今回も私個人の気持ちを書き垂れる…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

my profile13/13 【そしてこれから】

今は、お笑い関連のサイトやブログをやっているのだけど。 たまに聖飢魔IIや閣下について書いても、 今の若い人は聖飢魔IIを知らないらしい。 デーモン小暮というのは顔の白いおじさん、 となんとなく認知されている程度。 そりゃそうだわな。 地球デビューして20年。 今のお笑いファンの大半が10代の若い世代。 生まれる前か…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

my profile12/13 【そして今】

そんな事を繰り返す事2ヶ月。 DVDは全部ゲット。 CDも殆どゲット。 「地獄より愛を込めて」「BIG TIME CHANGES」 「THE OUTER MISSION」「WORST」 「恐怖のレストラン」などは中古屋で発見。 しかし、「メフィストフェレスの肖像」「NEWS」「MOVE」が どうやっても見つからない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

my profile11/13 【疾走】

次の日から、CD屋巡りする日々が始まる。 勿論、持っていない教典が欲しいというのが一番の理由。 加えて、元信者として、引け目・負い目がある。 いくら自分の夢を追いかけるためとはいえ、 聖飢魔IIから離れていたのは事実。 なにより、解散を体験していないので、 すでに解散しているという実感もなく。 でも、実際には解散し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

my profile10/13 【復活~その2~】

衝撃の一夜が明け。 録画をしたので、繰り返し見られる。 でも、それだけでは飽き足らない。 聖なるものに飢えていた私の中の悪魔が再び蘇り、 欲している。求めている。 乾ききった砂漠に、コップ一杯の水の潤いの如く、 心を満たすには遠く及ばず。 そういえば、近所のCDショップに「処刑」のDVDが有ったな。 曲目を見て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

my profile9/13 【復活~その1~】

何故かこの数年来、お笑いにはまっていた私。 ファンサイトやブログを運営していて、 TV番組雑誌などを読んで、 面白そうな番組をチェックするようにしていた。 お笑い好きには話題になっていた、 NHKの「ケータイ大喜利」という番組は、 今月はいつやるのかしら・・・。 と調べていたら。 ん? 「聖飢魔II 恐怖の復活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

my profile8/13 【再会】

帰国して、初めて聖飢魔IIが解散した事を知り。 でも、驚きはしなかった。 デビュー当時から、言っていたもんね。 その約束を、キッチリ守ったんだなぁ、 解散したのは残念だけど、 すばらしいことをやり遂げたね、と。 それからの日々は、 閣下がバラエティ番組に出ているのを見たり。 押入れから初期の頃のCDを引っ張り出して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

my profile7/13 【すれちがい】

死に物狂いで働いたおかげか、 駐在員になることが出来た。 あの国に、また行ける。 あの国で、働く事ができる。 指先までときめきが、うなり上げてはじけるダイナマイト。 決して楽な仕事ではなかった。 異国の地で立ち上げる新規プロジェクト。 プレッシャーとストレスで、ヘトヘトになる毎日。 それでも、充実していた。 夢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

my profile6/13 【それでも側に】

1年の留学の予定が2年に、そして3年になり。 29歳で帰国。 折角留学したのだから、今度は仕事で行きたい。 その国の駐在員になりたい。 新しい夢が出来た。 とある企業に無事就職し、 その会社の駐在員に選ばれるため、 死に物狂いで働く日々が続く。 一日13~4時間労働。月に3~4日しか休まず。 労働基準法?知ったこっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

my profile5/13 【別れ】

そんな楽しい日々が数年続き。 でも、私自身の人生の分岐点が近づいていた。 90年代初頭。 時代はバブルがはじけ、 世界では民主化運動がうねるように起こり。 いろんな事が世紀末を予感させるように起こり始め。 そんな中、私も以前から勉強していた、 とある外国語への興味が強くなり。 留学を決意する。 まだ、26歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

my profile4/13 【ふれあい】

その後、何度か大阪厚生年金に行っただろうか。 ・・・流石に20年近く前の記憶なので、曖昧。 そうこうしているうちに、「信者の集い」があると、 ファンクラブから連絡が。 えええ。 近くで見られるんですか。 握手とか出来ちゃうんですか。 いそいそと申し込み。 大阪の梅田のどこかのライブハウス(と思う) 当日はあいに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

my profile3/13 【入信】

「地獄より愛を込めて」を購入し、 返す刀で「悪魔が来たりてヘヴィメたる」と、 「THE END OF THE CENTURY」も購入。 いいな、こういう音楽もいいな。 (因みにそれまではゴダイゴにはまっていた私) そんな勢いに任せて、ファンクラブに入会。 当時は「悪魔組」だったかしら。正式名称まで覚えていない。 で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

my profile2/13 【出会い~その2~】

ある日、デーモン小暮が(注:当時はまだ信者ではなかったので呼び捨てで)、 オールナイトニッポンのパーソナリティになると聞き。 ほうほう、あの人(注:当時はまだ信者で・・・以下略) お喋りが楽しいもんな。面白い番組になりそう。 でも、あのダミ声で(注:当時は・・・以下略) 2時間生放送するのかしら。 喉、ガラガラになっちゃうん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

my profile1/13 【出会い~その1~】

私が二十歳過ぎの頃。 何の番組だったかはよく覚えていない。 とにかく、実家の居間のテレビに、 いきなり顔の白い悪魔が現れた。 その名は「聖飢魔II」 すんげー名前だこと。 「がはははは」と笑いながら登場。 でも話し始めると面白い。 でも演奏し始めると上手い。 不思議な印象ではあったけど、 「真面目にバカなことを一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more