テーマ:恐怖のレストラン

【悪魔が来たりて】BSCD2版・恐怖のレストラン

4月の3タイトルに続き、聖飢魔IIの80年代の5枚のアルバムが、 今回「Biu-spec CD2」という新しい音楽媒体で復刻。 この記事は「恐怖のレストラン」についてです。 音楽的なことや、新しい音楽媒体の音の質がどうのこうのは一切書いていません。 ・・・と書いたけど、ここへきてちょっと触れていたり。 大したことは書いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】鬼(2)

そこに悪意があろうと無かろうと、 傷つけられると、 心の奥に、鬼が巣食う。 その場で傷つけ返してしまうのも手だろうけど、 たいていは、 相手に復讐したところで仕方がない。 社会的な面目もある。 自制するほうが賢い場合も多い。 普段はそれで抑えられている。 すっかり忘れていることもある。 でもふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】緑色の雨

聖飢魔IIには珍しいインストゥルメンタルの作品。 その音から見えてくる世界は、聴く者それぞれに違うはず。 実は聖飢魔IIの作品の中でこの曲は、 ベスト3に入るくらい、私にとっては怖い曲なんです。 前々から書いている通り、この「恐怖のレストラン」という大教典には、 一種の生理的嫌悪感を感じるのです。 聖飢魔IIの初期の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】Breakdown Innocence

あくまで個人的に、ですが。 「恐怖のレストラン」という大教典って、普段はそんなに聴かないんだけど、 ちょっとしたきっかけで「そうそう」と引っ張り出して、 その後しばらくハマって繰り返し聴いちゃう。 そんな不思議なクセのある曲たちの中の、飛び切りの疾走曲。 実は、とある聖飢魔IIの曲の記事を書きかけていてですね。 それ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】地獄へ突撃!

聴くだけで、生暖かい鉄のような匂いが鼻先をかすめ。 経験した事のない世界観なのに、リアルに目の前に惨劇が広がる。 ・・・その先に感じるものは。 この「恐怖のレストラン」という大教典。 聖飢魔II初心者にはお勧めしません、というのが持論だったんですが。 最近ちょっと考えが変わってきたのです。 「殺しの現場!!」とかこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】呪いのボンデージ

「JACK THE RIPPER」の記事を書いたら、 なぜかこの曲の記事も書きたくなりました。 ・・・何の関連性もないんですけどね。 まあ「女殺油地獄」とか、なんかそんな気分で。 (「女殺油地獄」自体全然関係ねぇよ 汗) プルルル、と電話が鳴って、 助けを求めるダイアナ。そして悲鳴。戸惑うチャーリー。 「な、なにが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】恐怖のレストラン

20年ぶりに「あぁ、やっぱりエレキギター弾いてみたい」 そんな気分になった曲のひとつです。 曲が、というか、これを演奏しているギタリスト2名を見て。 「あ、エース長官とルーク参謀ね」 ・・・いえ。ちがうんですよ、これが。 ある意味「最恐」の教典、『恐怖のレストラン』 そのアルバムタイトルにもなったこの曲。 出戻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】満月の夜

『月の光は人の心を惑わせ狂わせる』 洋の東西を問わず語られる所を見ると、 本当に何か力があるのかとすら、思ってしまいます。 そういえばこの曲、長かったのでは? もしかして、聖飢魔IIの作品で一番長い? ということで、調べてみました(←暇人) ・悪魔組曲(13分27秒) ・満月の夜(9分24秒) ・GO AHE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】人間狩り

タイトルだけで十分インパクトの有るこの曲。 聴くと更にインパクトが。 女性らしき、逃げる足音。 そこに響く悪魔の声。 「今日はお前の番だ」 ひたひたと迫ってくるようなリズムが、 徐々に、徐々に、大きくなり。 不気味なギターの音色と共に、 淡々としたメロディが始まり。 リズムスピードとしては遅い方でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】殺しの現場!!

聖飢魔IIの曲の中でもトップクラスの激しい曲ではないでしょうか。 伝わってくるのは人間に内在する狂気。 とにかく、曲の頭から激しいギターのうねり。 怒涛のように押し寄せるドラム。 もう、ドドドドとしか聞こえないベース。 そして何よりも、絶叫と呼んでいいようなヴォーカル。 最後のワンフレーズなんて、女性でも出ないような高さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】鬼

真の恐怖とは、こういうことなのでしょう。 本当に、恐ろしい歌だと思います。これは。 実はこの曲、大教典の「恐怖のレストラン」の購入の前に、 活動絵巻教典の「舞踊歌劇 怒羅吸裸(ドラキュラ)」 (日本舞踊と聖飢魔IIのコラボレーションの野外ステージ) で初めて聞いたのですが。 閣下の熱演と、そぼ降る雨の中の恐ろしくも美しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【恐怖のレストラン】

悪魔が奏でる「恐怖」。それは以前からあるコンセプト。 でもこの教典は、それまでの物とは異なると思う。 聖飢魔IIの教典で、所謂「恐怖」や「地獄」をテーマにした作品は、 初期の物に多い。 1st. 聖飢魔II~悪魔が来たりてヘヴィメタる 2nd. THE END OF THE CENTURY 3rd. FROM HELL …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more