テーマ:LIVING LEGEND

【LIVING LEGEND】戦慄のドナドナ

実はこの曲の記事を今までに何度も書こうとしたのですが、 その度に挫折してきました。 今回こそは「おりゃあぁぁぁ」と書き上げてみました。 今までのいろんな記事で「この曲は怖い」とか書いてきましたが。 実はこの曲も私の中ではかなり怖い曲なんですよ。 正直、まともに何度も聴けない。 曲の内容的には、 別に悪魔だの死神だの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【LIVING LEGEND】HEAVY METAL IS DEAD

小説を読んだり、映画を見たりしていて、 そこにリアリティがあったり、感情移入をしたりして、 その主人公の体温まで感じてしまう事があります。 この曲はそんな悪魔達の体温を感じる曲ではないかと。 作詞・作曲:デーモン小暮、編曲:聖飢魔II・松崎雄一のこの曲。 とにかく「激しい」曲です。 ものすごく速いテンポの曲。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【LIVING LEGEND】GLORIA GLORIA

冷たい金属の壁にもたれかかって、ヒヤッとする。 そんな形容をしたくなるような、 人間味や人の温もりを感じられない事件が多い事を、 悪魔達は嘆いているのかもしれません。 しかし、悪魔が「グロリア」って。 これが最終教典でなかったらその後、 「キリエ」だの「クレド」だのという曲が作られたのでしょうか(笑) (注:グロリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【LIVING LEGEND】CENTURY OF THE RAISING ARMS

この曲が大好きな信者は多いと思います。 ある意味、聖飢魔IIから信者へのラストメッセージ。 でも、私個人としては、少し寂しく感じてしまう曲なのです。 ドラマティックなギターの音のイントロから、 少し切ないイメージのリズムになり。 エース長官作曲なのですが、 歌メロが長官らしい、メロディアスなもので。 デーモン閣下の詞に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【LIVING LEGEND】20世紀狂詩曲

聖飢魔IIの最後の最大小教典(マキシシングル)となったこの曲。 まさに最後にふさわしい、悪魔の悪態のつきっぷりで。 この最大小教典が発布されたのが99年の9月。 「LIVING LEGEND」が発布されたのが99年の10月。 時はまさに、ミレニアム。 私はこの頃、日本にいなかったのですが。 さぞや、マスコミとかが煽り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【LIVING LEGEND】SILENCE OR VIOLENCE?

激しくてカッコよい名曲ぞろいのこの教典の中で、 個人的には一番「心地いい」曲です。 へヴィーメタル・ハードロックを評するのに、 「心地いい」という形容はどうかとは思うのですが。 なんと書けばいいかな。 「肌に合う」とか。 「しっくりくる」とか。 確かに、他にも「名曲!」と呼ぶべき曲は沢山ありますが、 「そうそう!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【LIVING LEGEND】LOVE≒defence of your complex

「恋に恋する」のは、乙女。 「愛を愛する」のは・・・人間とは愚かな生き物なのか。 ノリのいいロック、という感じ。 特にサビの部分はいいですね。 メリハリの効いたギターのカッティングがカッコいい。 メロディも分かりやすく、体で感じる事ができる曲調。 ・・・と思っていたら、やっぱりエース清水長官の作曲でしたか。 長官の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【LIVING LEGEND】

事実上の、聖飢魔II最後の教典です。 ま、その後もいろいろ出ているんですがね。再集結もしたし。 ヘヴィメタで始まった聖飢魔IIの歴史。 「オシャレ路線」になったり、フォークっぽくもなったり、 ドロドロの地獄ワールドになったり、青春を歌ったり。 で、最後の最後に、強烈なヘヴィメタを打ち出してきました。 一周したんでしょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more