テーマ:愛と虐殺の日々

【愛と虐殺の日々】BAD AGAIN~反叛童真~(広東語Ver.)

2013年11月27日に発布された、 「愛と虐殺の日々~歴代小教典 ソニー時代完全版~【Blu-spec CD2】」の、 Disc3に収録されている「初大教典入り」した曲の感想記事を書いていきます。 「BAD AGAIN~反叛童真~(広東語Ver.)」の記事です。 今回、本当にこの曲を聴けるのが嬉しくて。一生聴けないと思っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】DOOM'S DAY

2013年11月27日に発布された、 「愛と虐殺の日々~歴代小教典 ソニー時代完全版~【Blu-spec CD2】」の、 Disc3に収録されている「初大教典入り」した曲の感想記事を書いていきます。 「DOOM'S DAY」の記事になります。 闘う日本人株式会社キューンレコード 1994-06-06 聖飢魔II Amaz…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】CYBER MEGA MIX B.D.3

2013年11月27日に発布された、 「愛と虐殺の日々~歴代小教典 ソニー時代完全版~【Blu-spec CD2】」の、 Disc3に収録されている「初大教典入り」した曲の感想記事を書いていきます。 「CYBER MEGA MIX B.D.3」なんですが・・・。 いやこれ、記事といえるのかどうか(汗) 赤い玉の伝説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】君が代は千代に八千代の物語

2013年11月27日に発布された、 「愛と虐殺の日々~歴代小教典 ソニー時代完全版~【Blu-spec CD2】」の、 Disc3に収録されている「初大教典入り」した曲の感想記事を書いていきます。 「君が代は千代に八千代の物語」の記事です。でも、短いよ、これは。 愛と虐殺の日々~歴代小教典 ソニー時代完全盤~ソニー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】モザイクのLOVE MAZE

2013年11月27日に発布された、 「愛と虐殺の日々~歴代小教典 ソニー時代完全版~【Blu-spec CD2】」の、 Disc3に収録されている「初大教典入り」した曲の感想記事を書いていきます。 まずは「モザイクのLOVE MAZE」から。 世界一のくちづけをキューンレコード 1993-10-21 聖飢魔II A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】フライングゲットしました

愛と虐殺の日々~歴代小教典 ソニー時代完全版~【Blu-spec CD2】 「フライングゲット」してきました。 ちなみに「フライングゲット」は造語であり、英語ではないし、 まして「飛翔入手」は中国語ではありません(信じていた人がマジでいたんだ) この記事はあくまでも「入手報告」です。 ブックレットとかは「お楽しみ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】EL・DO・RA・DO

「え?EL・DO・RA・DOはもう記事にされたのでは」 気にしない。少なくともこれはバージョン違いだもん。 ということでEL・DO・RA・DO感想記事第二弾、 小教典ヴァージョンでございます。 参考までに前回書いたのは「地獄より愛をこめて」ヴァージョン。 この曲そのものへの思い入れや思い出は、 この記事を読んでいただ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】GOODNIGHT MELODIES

実はこの記事は、二年以上前に書き上げたものの、 「ここまでぶっ飛んだ記事を公開していいのかな」と思い、 「ボツ」にしていたのですが。 あれから20年か・・・と思ったらアップしたくなりました。 多少手を加えて、追記もして仕上げました。 聖飢魔IIと殆ど関係ない内容です。ご了承を。 聖飢魔II信者の中で、この曲に対して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】MR.GOLDENLAND

久しぶりの聖飢魔IIの曲記事なのに、 よりによってこんな時にこの曲を選ぶ私ってば(汗) だってー。これが私のROCKな自己表現なんですものぉぉぉ。 ・・・いえいえ別に。young giraffe?なんのことかしら。 何か歌詞に問題でも。丸い花が何か。と開き直ってみたり。 作詞:デーモン小暮、作曲:Sgt.ルーク篁III…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】JOKER~非力河童人間~

最近、ROCKを聴いていますか? ほう。毎日聴いていると。 でもそれ、本当にROCKですか? いきなりイントロ無しで「じょ~か~♪」と始まるのですが。 聖飢魔IIではこういう始まり方の曲って他にないのでは・・・ あう。 BIG TIME CHANGES。正義のために。いっぱいあるじゃん。 (怪力熊男は台詞からなので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】白い奇蹟

いい思い出も、悪い思い出も、軌跡の中で起こる奇蹟であり。 20年近く経った今、それらは輝石のように心の中で煌き。 この曲は、鬼籍に入るまで聴き続けたいですね。 (なぜかオヤジギャグというかダジャレ大会に 汗) 聖飢魔IIにも他のロックバンド同様『名バラード』と呼ばれる、 綺麗でスローな作品が多いのですが。 代表的なの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】BAD AGAIN 美しき反逆

自分の好きな曲の中で優劣をつけたり、 順位付けするのは好きではないのですが。 あえて、聖飢魔IIの好きな曲を挙げるとするなら、 「秘密の花園」(地獄より愛をこめてに収録)か、 この「BAD AGAIN」なのです。 「ロイミさん、バラードばっかりじゃないですか」 だってー。元々私はバリバリのメタラーではないし。 「蝋人形…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】STAINLESS NIGHT

聖飢魔IIの「転機」の曲、と言っても過言では無いこの曲。 20年後の今聴いても、錆付いていない美しい作品です。 初めてこの曲を聴いた時は、本当に衝撃的でしたね。 小教典的な流れで言うと、 『蝋人形の館』(初めまして、悪魔です、ヘヴィメタルです) 『アダムの林檎』(アメリカンロックぽいノリ) 『エルドラド』(ハードロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】夏休み

時節柄、この曲を選んでみました。 って、こんな風に記事にする曲を選んでいたら、 あとあときつくなるぞ、私。 今年の年末には「悪魔のメリークリスマス」の記事を書くことを、 今から予告しておきます。 作詞:爆裂デーモン小暮・高野辰之 作曲:爆裂Sgt.ルーク篁III世・岡野貞一 編曲:爆裂聖飢魔II・爆裂マツザキ様 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々:入門教典】赤い玉の伝説

ブログを始めたはいいけど、いくつか記事にしにくい曲があるよなぁ・・・ と、開始した当初思ったのですが。 この曲も、そんな「記事にしにくい曲」のひとつです。 いや、いい曲なんで書きたいんですが、どう書いてよいのやら(汗) この曲は2パターンあり。 B.D.08(1991)1月21日発布の小教典バージョンと、 B.D.0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】地獄への階段(完結編)

聖飢魔IIの「隠れた名曲」は数あれど。 これはその頂点のひとつと言っていいでしょう。 「隠れた」なのか「隠された」なのか「隠しとかなきゃっ」なのか、 その辺はご自由に判断してください(笑) もともとは第三教典「地獄より愛をこめて」に、 始めの一部分だけ収録されており。 で、その完結編として小教典(シングル)「1999…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】BURNING BLOOD

小教典(シングル)のB面曲に名曲が多い聖飢魔Ⅱ。 この曲も、そんな名曲の一つだと思います。 この曲は小教典「EL・DO・RA・DO」のB面に収められているのですが、 この時期に作られた大教典(アルバム)の 「地獄より愛をこめて」には収録されず。 ジェイル代官独特の、アメリカンロックっぽい曲の多い 「地獄より愛をこめて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】BLACK BASS(爆裂聖飢魔II)

実はこの曲、結構好きなんです。 ・・・少数派かしらん。 聖飢魔IIにはまるまで、所謂ヘヴィーメタルという音楽は、 あまり聞いたことがなく。 音がうるさく感じたのもその要因の一つだけど、 もうひとつ。 「なにをそんなに怒って歌っているの?」と思っていたから。 「音」を「楽しむ」と書いて「音楽」 つまり「楽しめてこそ音楽…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【愛と虐殺の日々】

殺伐としたタイトルですが「歴代小教典大全」 つまり、一般で言うところのシングルコレクションのアルバムです。 豪華2枚組。歌詞カードには歴代の戦闘服の写真も。 シングルコレクションなら、 アルバム(大教典)に収録もされているだろうから、 別にカテゴリー分けして記事にしなくてもいいのでは? と、思われるかもしれませんが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more