テーマ:有害

【悪魔が来たりて】BSCD2版・有害

4月の3タイトルに続き、聖飢魔IIの80年代の5枚のアルバムが、 今回「Biu-spec CD2」という新しい音楽媒体で復刻。 この記事は「有害」についてです。 音楽的なことや、新しい音楽媒体の音の質がどうのこうのは一切書いていません。 ・・・と書いたけど、ここへきてちょっと触れていたり。 大したことは書いていませんので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【有害】THUNDER STORM

この大教典(アルバム)の曲順・流れ的に言うと、 静かで意味深な内容のバラード「嵐の予感」の次に、 このハードで疾走感のある「THUNDER STORM」なんですが。 まさに「うむむ、嵐が来るのかも・・・うぉー!嵐きたー」 みたいな感じで、上手くつながっているなと。 ・・・そのあと「犬のようになめろ」なのはつながらないですが(汗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【有害】有害ロック

時を越えて音楽を聴くと、新たな発見があったり、 新たな感性で聴く事ができたり。 私にとってはこの曲も、そんな曲のひとつです。 実はこの教典を買った時、一曲目のこの曲を聴いて、 「ほぇ?なんじゃこれは」と思ってしまったのです。 ノリのいいリズムとギターが広がるイントロ。 シャウトもバッチリきまっていて。 しかし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【有害】ピンクの恐竜

いつもこの冒頭部は、記事を書き終えて、 全体を読み直してから、一番最後に書くのですが。 ・・・えー。何を書きたいのかサッパリわからん記事だなと。 まあ、この曲ですからね。判って下さる方が多いでしょう、うん。 「おばちゃん、よく頑張って書いたね!」くらいに思ってくだされ。 冒頭部の恐竜の鳴き声みたいなのって、ギターだと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【有害】嵐の予感

「性」による人間の二面性などを歌った、 ノリの良い曲が多いこの「有害」の中で、 静かで寂しい、異色の内容となっている曲です。 この教典の発売当時、 「いぇ~い、ちょっとエッチな歌も多いけど、ノリノリ~」と、 喜んで聴いていて、ふっとこの曲になって、あら?と思ったのです。 ど、どうしちゃったの? 何かずいぶん他の曲と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【有害】精神の黒幕~LIBIDO~

誰の心にも「正」と「悪」の二面性があるように、 誰もが「性」に対しても二面性を持っている。 激しいリズムのイントロ。 いきなりの切り裂くようなギターがカッコいい。 ・・・と思っていたら! なんとデーモン閣下とエース長官のツインボーカル。 いやー、初めて聴いた時は、 ラジカセの前でバンザイしましたよ。 素敵!か…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

【有害】シンデレラ外伝

一言で言えば、えっちな曲。 でも、深い。女性として聞くと、よけいに。 なぜか歌詞はすべてひらがな。それも旧仮名使い。 それは、あまりにも露骨な表現を和らげるためか。 もしくは、かえって露骨に感じられるようにするためか。 女性だって、求めたい時がある。 でも、普段はそんなことおくびにも出さず、 淑女ぶって生きていて。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【有害】犬のようになめろ

深く考えずに楽しむのがいいんでしょうね。 こういう曲は。わんわんわん。 所謂「メッセージ性の強い曲」が多いこの教典で、 唯一「なんじゃこれは」と笑わせてもらったのは私だけでしょうか。 音的には非常に重厚でカッコいい。 2番終わりのギターソロも渋くって、 わんわんわん。 ノリもよくってかっこいいなー、 わんわん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【有害】

いやぁ~ん、えっちぃ。 ・・・そんな風に理解してはいけません。この教典は。 まあ、してもいいのだろうけどね。 しかし、困ったな。 どう表現しようかな。 この教典の基本テーマ。 下手に直接的な単語を使って、”えっちぃ”な業者サイトから トラックバックとかされてもウザイし。 とりあえず、堅い目の言葉で書いていきましょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more