テーマ:Green Horn

【CANTA・Green Horn】また会う日まで

「Quattro Formaggio」にも収録されている、 「金木犀」と「愛の名の下に」を除いた新曲8曲の記事を、 ライブ参戦するまでに書き上げる事ができました。 その最後の曲。ちょっと普段とは違う事を書いてみました。 これまたフォーク調と思わせる静かなバラード。 自分がやってきた事が何か形や結果になっていないとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CANTA・Green Horn】So Alive

ワウワウしたギーターの音から始まるこの曲。 んまあ。明るくってノリノリの曲ね。 ・・・と油断していて、とんでもないと思わされた曲のひとつ。 言葉を突き刺される。CANTAはこういう曲があるから油断できない。 アルバムの2曲目ということで、よくありがちな展開でしょう。 一曲目はご挨拶代わりのリード・チューン。 二曲目は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CANTA・Green Horn】No Doubt, No Life!

「CANTAのライブに行くまでに全曲の感想記事を書き上げよう」 と思いつつ「まだまだ先ね」と余裕ぶっこいていたんですが。 ヤバイ。来週末じゃん(汗) ということで、まあライブではこの曲も盛り上がるんだろうな、 という予測と期待を込めて。でも取り留めのない記事になってしまいました。 これ、曲名を見たときに「ん?」って思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CANTA・Green Horn】Are You Ready?

比較的バラード系の多い今回のアルバムの中で、 疾走感のあるノリノリ系の一曲。 さりげなく日常を表現したように見えて、 その実、追い詰められた切迫感を感じる歌詞が印象的。 私にとってCANTAの曲って二種類あって。   ・「そうそう、私もそう思う」という「主観」   ・「LUKEさんはそんな景色を見ているんだ」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CANTA・Green Horn】Always

綺麗な旋律のバラード・フォーク。 何気ない一言から広がる、素直で綺麗で醜く恐ろしい、 LUKEさん独特の世界観が繊細に表現されていると感じます。 それはきっと誰もが持ち合わせている感覚だと思うのです。 ドラマティックなイントロで、どんな曲かと思いきや、 すぐにギターのアルペジオ。 静かに流れてくるLUKEさんの歌声。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CANTA・Green Horn】Go Faster! Go Faster! Go Faster!

ラスト前のこの曲。 ええ、私好みのCANTAサウンドです。 疾走感があって、キャッチーで、リズムがガシガシタンタン。 しかして、その歌詞は切なくて、それもまた私好みのCANTAらしさ。 早くライブで聴きたい曲のひとつです。 どうでもいいけど今気づいた。タイトルの文字制限で「Go Faster!」が一個足らないんでやんの(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CANTA・Green Horn】Bitter Sweet

普段の「曲の感想記事」とは違う書き方をしてみました。 この曲を聴きながら、思い出したことを書き連ねました。 この記事を読むあなたは、どんなこの曲を聴いた時、 どんな景色を思い出しましたか。 今の目の前にある景色はなんですか。 いわゆる下町に生まれ育った私。 いざなぎ景気のど真ん中。 長屋のような市営住宅で、プラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

【CANTA・Green Horn】Love Drives Me Crazy

しばらくCANTAの新譜「Green Horn」の曲別感想記事を書いて行きます。 曲順を無視して書いていこうかとも思ったけど、 とりあえず今回は一曲目から。次回以降はどうなる事やら。 決して批判とかではなく、あくまでもこのアルバムを聞いた、 この第一曲目を聴いた瞬間の、第一印象。 「え、こういう曲がトップバッターな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【CANTA・Green Horn】フライング・ゲットしました

ちゃんとした感想記事はとりあえず追って書きます。 正式な発売日は明日(10月28日)ですし、 聞き込むほど聞けていませんし。 CANTAのニューアルバム「Green Horn」とりあえず一通り聴きました。 ●CANTA公式サイト http://www.canta.jp/ ●IRON SHOCK(レーベル公式サイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more