BUT,AGAIN

アクセスカウンタ

zoom RSS 【今週のロイミ・番外編】Guitar magazine(2015年11月号)

<<   作成日時 : 2015/10/15 01:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ベースマガジンにゼノン、ドラム&リズムマガジンにライデン、
そして満を持してルークとジェイルでギターマガジンに登場です。
さらに今回は、閣下のインタビューもついています!




Guitar magazine (ギター・マガジン) 2015年 11月号 [雑誌]
リットーミュージック
2015-10-13


Amazonアソシエイト by Guitar magazine (ギター・マガジン) 2015年 11月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


で、もちろん詳細な内容はここでは書きませんが。
これはルークとジェイルのファンでなくてもお勧め!

まず私が勝手に予想していただけなんですが、
そもそもルークとジェイルで別々にインタビューを受けたんだろうと思っていたら、
二名同時に受けたようで、これがとても新鮮で興味深い。
お互いの意見を聞きつつ自身の意見を述べているのが臨場感があっていいんですよ。

そして、ひとつのバンドとしての二名の担い手としてだけでなく、
ギタリスト、ミュージシャンとして相手のことをどう思っているかも語られていて、
単にミサがどうとか30周年はどうとかという内容ではなく、
ギタリストとしてのお二方の「在り方」のようなものまで垣間見えるのが、
とても珍しく楽しく読めるのです。

さらに!
今回は閣下も少しインタビューに答えられたと聞いていたのですが、
たっぷり1ページ半も語られていて。
これもまた、単に聖飢魔IIがどうというだけではなく、
ひとつのバンドを引っ張る立場としてのルークとジェイルへの見方とか、
いちヴォーカリストとしてギタリストに望むこととか、
これまた単に「デーモン閣下」にとどまらない視点からのコメントが興味深い。
閣下ファンにも十分お勧めの一冊です。

というか、WeROCK 同様一発で売り切れるかと思って出版社に予約をして購入したんだけど
昨日本屋に行ったら普通に売られていて、
アマゾンで申し込んだ私は今日になってやっと入手。
おーい。WeROCK買った人は、これも買えよー。見逃すともったいないぞー。

ルークとジェイルのギターと、エフェクターボードの写真も興味深い。
っていうか、ルークはこんなものまでボードに入れているのか・・・(汗)
巨大化したらどうするつもりだw


そして、記事内に予告が!
11月にギターマガジンの特別編集による、ルークとジェイルのアーティストブックが
発売予定とか(詳細は後日)これは楽しみ♪

ということで、簡単ではありますが、本当にお勧めの一冊です。
売り切れないうちに、ぜひ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

【今週のロイミ・番外編】Guitar magazine(2015年11月号) BUT,AGAIN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる